BUSINESS SUPPORT ビジネスサポート林総合事務所

お問い合わせ 06-6226-1380

生前整理

  • 生前整理とは
  • 自分自身の人生を整理
  • 生前整理の流れ
  • 「遺志書」の作成
  • 相続トラブル

自分自身の人生を整理

 生前整理とは、遺された人達に迷惑をかけずに、そして、自身の名誉と信用を失うことなく、最期の幕引きを自分自身で行うというものです。
 ここでご理解していただきたいのは、生前整理とは、巷で言われるような“家財道具の片付けや清掃、私物整理だけを意味するのではない”ということです。
 もう一度言います。私達が提唱する生前整理とは、「真の意味で自分自身の人生を整理しましょう」というものです。

 生前整理は大きく、次の3つのことに分かれます。

1.まずはお金関係を整理しましょう

 何も整理せずに逝去しますと、残された家族間で必ずトラブルになります。そこで、現在の財産・借入金・生命保険金などを把握し、どうすれば、家族間でトラブルにならないかを考えましょう。また、親しい身内がいない方も、逝去後、自身の財産をどうするのかを考えておくことはとても重要です。
 特に、事業を行っている方は、財産関係が複雑になりますので、できるだけ早い時期の生前整理が必要です。

2.身辺整理

 次に、お金以外のことを整理しましょう。人間関係や所有物、色々なことがあります。もしかしたら、誰にも知られることなく整理したいことがあるかもしれません。

3.自身の遺志を伝える

 生前整理ができれば、その意思を必ず文章にしましょう。遺言やエンディングノートへの記述を行うわけです。この文章は、財産的なものに限りません。自分自身の思いやリビングウィル(=介護・延命治療)、お葬式の希望、使って欲しい遺影など、自分自身が伝えたい思いを記述していくのです。